« 期限内申告と控除 | Home | 期限内申告は社会人として当然のことです »

期限内申告いろいろ

By kigen内子 | 7月 30, 2009

確定申告の期限内申告は基本的に、確定申告の期限内申告と言うのは、翌年の2月16日~3月15日と定められています。
但し、翌年の2月15日以前であっても、期限内申告として受理されることになっています。

但し、期限を1日でも過ぎると、それは期限内申告としては受理されません。
これが基本です。

これに対し、以前お話ししたことがありますが、郵送による送付では、受理される日が郵便の消印のにちじになりますので、税務署での受理が3月16日以降であっても、消印が3月15日以前のものであれば、期限内申告として受理されます。
事務経験のある方なら、最寄りの郵便局の受付時間の締切、そこがダメなら、どこの郵便局へ行けばより遅い時間まで受付、当日消印をしてもらえるか等把握している方、多いのではないでしょうか。
今の郵便局はサービスが行き届いています。
そういった問い合わせにも快く応じてもらえるので、一度近辺の郵便局の当日消印を押してもらえるの最終時刻を調べておくといいですよ。

災害などによっての提出が困難とされるような場合は税務署長の承認を得てその災害の影響が終息の後、2ヶ月以内に限って延長を受けることができます。

但し、それは自己判断で決めることはできません。
あくまで税務署と陽の承認を得る必要があるので注意しましょう。

今年は温暖化の影響か、豪雨による土砂災害が相次いでいます。
災害などによって確定申告とうの期限を延長してもらえるのは有り難いことですが、出来ることならそのような災害が起こらない方がいいですよね。

Topics: 確定申告 |

Comments are closed.