« 期限内申告で様々な適用をうけよう | Home | 青色申告と期限内申告 »

年末調整と12月の源泉徴収の期限内申告との関係

By kigen内子 | 11月 25, 2009

今年も早いもので、残りあと1カ月近くとなりました。
年末調整の用紙は皆さんの手元に届きましたでしょうか?
企業によってこの年末調整の用紙の提出期限というものが決まっていると思いますが、企業によって提出期限が異なっていることに疑問を感じている方、いらっしゃいませんか?
これは、企業の総務の人間にかかる仕事の負荷などとも関係しています。
社員人数の規模の大きな企業ほど総務が年末調整の計算に時間がかかるからです。

年末調整で社員が記入する用紙はこのまま税務署に申告されるものではありません。
この情報をもとに、総務でデータの入力を行うのです。
ですから、小さな規模の企業などでは、記入ミスを行っても、訂正印の必要はないとしている企業もあります。

では、この年末調整の提出期限実際にはいつまでなのでしょうか。

これは、12がつの源泉徴収申告期限と同じで、翌年の1月10日となります。
還付のほうが多ければ、納付の必要はもちろんありませんが、納付所の提出は必要で、提出期限は同じく1月10日です。

そう、年末調整と12月の源泉徴収とは切っても切り離せない関係なのです。

年末は何かと忙しいもの。
それがわかっているから、総務サイドとしては、11月に年末調整の計算を終わらせておきたいのです。
それもこれも、皆さんの源泉徴収の申告と納税を期限内にするためのこと。

総務は期限内申告のために頑張っているのですから、皆さんも会社の総務の提示した期限内に用紙を提出しましょうね。

Topics: 年末調整, 期限内のススメ |

Comments are closed.